視力回復の手術にも沢山の種類があるって知ってますか?

視力回復手術を受けようと思っている方は、まずはじめに適応検査をします。
その適応検査で、手術を受けたいと思っている人に合っている手術方法を、医師が説明してくれます。
視力回復の手術は『レーシック』と呼ばれいますが、レーシックと一言で言っても色々な種類があります。
患者さんにとって一番良い方法で行う手術を選ぶと言う訳です。

さて、そのレーシックですが『マイクロケラトーム』を使う視力回復方法ですが、同じ治療法でも特に高性能の「イントラレーザー」を使って治療する方法を『イントラレーシック』と言います。
最近はレーシックよりもイントラレーシックでの手術を受ける人が多くなったので一般的になっているそうです。

また、それぞれの角膜に合わせて治療をする視力回復手術を『ウェーブフロントレーシック』と言い、矯正が不可能だと言われている不正乱視の方でも治療が出来ます。
他にも角膜の薄い人やスポーツ選手などが受ける視力回復の手術は『PRK』『エピレーシック』と言う方法です。
医師が勧めてくれる視力回復の手術方法が一番自分に合っているのですが、手術費用やその内容は異なります。

そして、最近ではレーシックが行われるようになった当初、不適応者と診断され手術が受けれなかった人も、技術の進化とともに今は手術が可能なケースも少なくありません。
今後も更にレーシックの技術が進化して、視力回復手術を希望しているかた全員が受ける事が出来る日もそう遠くはないでしょう♪