視力回復手術の一連の流れをご紹介します♪

視力回復手術のレーシックでは、点眼薬を使って麻酔をします。
この点眼薬で手術中の痛みは感じないので、リラックスして手術を受けましょう。

手術をする時は手術台に移動して手術が始まるんですが、医師の指示に従って「赤く点滅」している光を見る事になります。
そして手術中はこの赤い点をずっと見ているので、手術中ぼやけて見える事もあるそうです。

さて手術中ですが、眼の部分が空いているシートをかぶる事になります。
そして『開瞼器』を使って眼を大きく開くんです。
洗浄する為に眼に液が数回かけられるんですが、もちろん麻酔をしているので刺激や痛みを感じる事もありません。

次にフラップを作る時ですが、眼を強く押されている感覚があります。
視界が暗くなりますが治療が終わると元に戻るので安心してください。
手術を受けている方の中には視界が暗くなる事で不安感を抱く人もいるそうですが、手術の手順で暗くなるだけなので特に心配する必要はありません。
そしてレーザー治療で視力矯正をしますが、これは数十秒程で終わる治療です。
このレーザー治療の後にフラップを元に戻して手術が終了します。

点眼薬で麻酔をしているので痛み自体は感じませんが、圧迫感を感じる事もあるそうです。
手術を全ておこなっても15~20分程度で終わるので、あっという間に終わってしまうと感じる人もいるそうですよ(*^_^*)