レーシックでの後遺症についてキチンと理解しておきましょう

レーシックでの視力回復の手術を受けた方の中には後遺症が出る人や、中には症状や回復期間も違ってくる事があるそうです。
症状の中でも、しみたるする感覚や視力回復手術後~翌日ぐらいまで眼を開ける事が出来なかったりと言う症状はすぐになくなります。

レーシックを受けた後の後遺症として多くの方が上げるものに「ドライアイ」がありますが、半年程続く事があります。
クリニックから処方される点眼薬を使って、半年くらい過ぎても症状が改善されない時は医師に相談してください。
他にも術後の後遺症として、物がにじんで見える現象(ハログレア現象)や夜間光が眩しく感じたりする事もあります。
これらも時間が経過する事で納まる後遺症なんですけど、夜間車を運転する事が多い人は特に気を付けてください。
もしも症状が酷い場合や長引く時は、医師の診察を受けてくださいね。

この他にも、術後1週間ほど白目が赤くなってしまったり、充血してしまう事もあります。
そして、今までと見え方が違ってくるので、眼精疲労を起こして頭痛の原因になる事もあるそうです。
出来るだけ術後は眼を酷使する事は控えた方が良いでしょう。

レーシックでの視力回復手術の後遺症は、時間の経過とともに無くなるのが一般的ですが、何か気になる事があった時は直ぐに診察を受けましょう。