視力回復の手術を受ける前に行われる適応検査について、その流れについてお話しましょう

視力回復の手術をする前には、眼の検査を事前に受ける必要があります。
学校等で受けるような視力検査の他に、眼圧測定や角膜内皮細胞の撮影、レーシックでとても重要となる「角膜の厚さ」についても測定します。

他にも瞳孔径や涙の量を測定したり、瞳孔を開いて眼底部の診察など、視力回復手術が出来るのかどうか検査をします。
このような事前の検査ですが、3~4時間ほどかかります(^_^;)
特に土日は人も沢山来ますから、長い時間クリニックに居る事になるでしょう。

そして瞳孔を開く検査の後ですが、光が眩しく感じる事があります。
事前検査をする時は出来るだけ自分で車やバイクなど運転せずにクリニックに行く事をおススメします。
他にも、普段コンタクトで視力矯正をしている人は、手術の適応検査で制限があります。
医師の指示に従うようにしましょう。
もちろん眼鏡で矯正を行っている人は問題なく検査を受ける事が出来ますが、普段使っている眼鏡を持っていくといいですよ。
視力回復の手術を受ける時は、今使っている内服薬や点眼薬等がある場合はそれも医師に伝えておきましょう。

次に視力回復手術の事前検査が終わると、医師とのカウンセリングになります。
質問など聞いておきたい事がある時は、この時にじっくりと自分が納得出来るまで話をしましょう♪
視力回復の手術が出来るのかどうか、デメリットや後遺症の説明、どの方法で手術をするかなど一通りの説明を受けて、適応検査は終わりになります。