日本では歴史の浅いレーシックでも、海外では有名な視力回復方法なんですよ

最近は日本でも、視力回復方法として定着しつつある「レーシック」ですが、これは1990年、ギリシャの眼科医が開発した治療方法になります。
1975年にレーシックで使用する『エキシマレーザー』を開発し、1980年ごろから臨床応用が行われていたそうです。
この視力回復の手術ですが、特にアメリカで一般的に行われています。
エキシマレーザーが1995年に認可されてから、多くの方が手術に成功しているそうですよ。

そして日本での視力回復手術ですが、2000年にエキシマレーザーの認可が降りたそうですが、始めはあまり受ける人が居なかったそうです。
それもそうですよね?
私も視力が悪く常にコンタクトレンズを使用していますが、いくら安全だと言われていても『眼』を手術するのには抵抗があります。
新しい視力回復の方法としては、中々定着しないのも分かります。

ですが、多くの著名人の方がレーシックによる視力回復手術を受けた事で、社会的にも認知度が高まって手術を受ける人も徐々にですが増えてきています。
確かにレーシックの歴史はまだ浅くて、不安に思う事もあると思います。
ですが、世界中の眼科医の方が視力回復に関する研究を重ねて、より安全でより効果が期待できる方法を考えています。
その結果として、現在のような効果もすぐに実感できて安全性も高い「レーシック」が誕生した訳です。
これからも、ますます技術が発展すると思われる視力回復手術に期待ですね(*^_^*)