視力回復の手術を受ける前に、適応検査を受ける理由とは?

視力回復手術をする前には事前に適応検査を受けますが、その適応検査では眼圧や角膜の形状、角膜の厚さや屈折率など色々な事がわかります。
適応検査の為に検査室に入ると見慣れない機器に緊張すると思いますが、どれも簡単に検査が出来るものなので心配する必要はありません(*^_^*)

適応検査で行われる視力検査は、誰もが一度はした事のある検査なのでどんなものなのか分かりますね。
他には、角膜曲率半径測定査や他覚屈折度なども機械で測定します。
また、眼に光を当て、角膜の湾曲度や近視、乱視等も測定します。
眼圧検査も行われますが、これは眼に空気を当てて測定する物で、緑内障の危険がないかどうかを調べる検査になっています。

特に視力回復手術で大事な『角膜の検査』ですが、これはパキメーターという機器で厚さを調べてレーシックを受ける事が出来るかどうか判断します。
他にも色々と検査を受ける事になります。
「眼底検査」では、点眼薬で瞳孔を開いて眼の奥を検査して病気がないかどうか調べます。
「角膜の表面・湾曲検査」は、低い出力のレーザーを照射して検査します。
「細隙灯顕微鏡検査」眼に強い光を当て、水晶体や角膜に異常がないか検査します。
そして「瞳孔径検査」ですが、これは手術後の「グレア現象」にも影響するそうです。

手術前に行われる検査で、強い光を眼に当てたり、レーザー照射や瞳孔を開くと言った事で、検査自体に恐怖や不安感に駆られる人もいると思います。
ですが、眩しさを感じる事はあっても痛みを感じる事はない検査ばかりなので、心配する必要はないですよ(*^_^*)