レーシックでの手術当日は此処に気を付けていると感動出来るかも!?

視力回復手術のレーシックを受ける前、クリニック内にある時計や窓の外の景色を見ておくと良いですよ。
術後直ぐに視力が回復した効果を実感する事が出来ます。
手術前に見た景色と同じ景色を手術後に見る事で、自分の視力がどれくらい回復したのか分かります。

視力回復手術のレーシックは、手術後はまだ視力が安定していません。
しみるように感じたり、眼を開けているのが辛かったり、眩しく感じたりする事もありますが、見え方は術前との違いがハッキリと分かります。
時計の針がハッキリと見えるようになったり、ぼやけて見えていた景色がハッキリと見えるなど「手術を受けて良かった」と思えるでしょう。

手術後は、薄暗い部屋で少しの間眼を閉じて休む必要があります。
休んだ後は家に戻る事が出来ますが、手術した当日は景色がよく見える嬉しさよりも、風がしみたり眩しさに驚く言った方が大きいかもしれません(^_^;)
おススメなのは、夕方に手術を受けて、後は夕食を食べて寝るだけ…と言うようなスケジュールだと安心ですね。
次の日目覚めた時は……今までの景色とは違って見えるので感動すると思いますよ♪