視力回復の手術後に起こりえるトラブルについて理解しておきましょう

レーシック等の視力回復手術で、手術後トラブルを起こしてしまう人もいるので、手術を受ける前にキチンと理解しておきましょう。
特に手術後のトラブルとして多いのが「ドライアイ」です。
このドライアイですが、涙の量が足りなくなったり、瞬きの回数が減ったり、眼の表面に傷がついてしまう状態の事を言います。
手術後は、医師から点眼薬が処方されるので、フラップが定着する3か月間は続けて使うようにしましょう。

ドライアイの次に多いトラブルに「ハローグレア現象」があります。
このハローグレア現象ですが、にじんで見えたり、暗い場所で光が眩しく感じる症状です。
術後数ヶ月程で治ると言いますが、夜にバイクや車を運転する方は、ライトがにじんで見えたり急に眼に入った光が眩しくて運転が危険になる事もありますから、十分に気を付けてください。

このドライアイとハローグレア現象は、誰にでも起こる症状です。
特に問題がないようなら3か月検診で症状も軽くなり、余り気にならないようになると思いますが、人によっては長引く事もあります。
もしも余りにも長く続いたり、日常生活に支障があるような場合は、きちんと医師の診察を受けてくださいね。