視力回復手術の再手術を受ける時の注意事項を確認しておきましょう

レーシックでの視力回復手術をしているクリニックの中には、期間内の再手術が無料で受けられる所があります。
その再手術を受ける人の多くは、、手術後に視力が下がってしまった人や、治療で自分が思っていた視力にならなかったからだそうです。

さて、再手術を受ける事が出来る条件ですが、レーシックでは角膜を削ってフラップを作ります。
再手術の時に角膜の厚さが充分に残っていないといけません。
また、再手術は最初の手術後直ぐに受ける事は出来ません。
手術後は視力が安定し難いので、最低でも3か月経ってから行います。

現時点で角膜の厚さが足りないために再手術が受けられない人は、コンタクトや眼鏡を使って視力回復をするしかありません(-_-;)
医師とよく相談して決めましょう。

他にも手術後に良い結果が出ても、また視力が低下してしまう事もあります。
元々近視が強い人は、手術後も近視が残り思うように視力が上がらない事もあるそうです。
このようなことから、視力回復手術をおこなっているクリニックでは、手術後1~3年間無料で再手術を受けれる所が多いんです。
ですが、その期間を過ぎてしまうと有料になる事が多いので注意が必要です。
視力回復手術を受ける時は再手術を受ける可能性がある事も頭に入れて、そのクリニックでは何年間無料で受ける事が出来るのかも確認するといいですよ。