視力回復の手術後、定期検査が無料で受けれるって知ってますか?

視力回復手術のレーシックですが、手術した翌日に、第1回目の検診があります。
この謙信では視力検査やフラップの状態を確認したりします。
特に視力検査ですが、今まで見えなかった所も見えるので、視力が回復した実感を感じるでしょう。

翌日の検査で特に問題がないようなら、次は1週間後、1か月後、3か月後…と定期的に検診を受けるようになります。
手術後は視力が安定していないので、1か月後と3か月後の検診で視力が違う事もあります。
ですが、少しずつ安定していくるので、特に心配する必要はありません。
手術後、完全に視力が安定するのはだいたい1年程かかるそうです。

定期的に受ける検診ですが、手術の翌日の検査や1週間後の検査は殆んどの人がキチンと受けるそうです。
ですが、その時に特に問題がない場合、それ以降の検診に中々行かない人もいるんだそうです(^_^;)
「特に問題がないから大丈夫!!」と思われるかもしれませんが、眼の手術をしているので、自分で判断しないでキチンと医師の診断を受けてください。

手術後、特に問題が起きなくても、1年後や2年後に問題が起きる場合もあります。
定期的な検診は必ず受けてください!!
視力回復の手術をしているクリニックは、術後の検診を無料で行っている所が殆んどです。
手術を受けようと思っているクリニックが、手術後何年まで検査が無料なのか、調べておくといいですよ(*^_^*)