視力回復の手術を行った後の生活の仕方でその後が変わる!?

視力回復手術のレーシックを受けた後は、医師から処方される点眼薬を決まった時間に行う事がとても重要になります。
その点眼薬ですが、術後当日~数日間は3種類程を一時間おきに点眼する必要があります。
1日中、目薬をしている感じですね。

この時、3種類の点眼薬を続けてしてしまうと、前にした点眼薬が流れてしまいます(^_^;)
だいたい10分程してから次の薬を点眼するようにしましょう。
この作業を1時間おきに…となると、とても手間のかかる作業になってしまいますよね?
ですが、術後の眼には、キズが付いていますから、必ず医師の指示通り行ってくださ。  
もしもこの点眼薬を起こったってしまうと、視力回復手術のリスクと言われている「感染症」を引き起こす原因になります。

術後は普段の生活と同じように過ごして何も問題はありませんが、術後数日間は眼を酷使するような事は避けるようにしましょう。
術後暫くは、眼を休ませる必要があるので、テレビやパソコン等もなるべく少ない時間だけにするようにします。

車の運転なども、手術当日以外は普通に出来ますが、夜間は見えにくい事もあるそうなので、出来るなら運転も控えましょう。
他にも洗顔やメイクも普通に行えますが、眼を強く押したり、ゴシゴシと擦るような事は控えましょう。
術後の生活は、自分で平気だと思っていても医師から指示されている事や止められている事をキチンと守る事がとても大切ですよ。