手術後の感染症は此処に気をつけましょう

視力回復手術のレーシックで、術後に感染症の予防として点眼薬や保護眼鏡をしていても、残念ながら感染症にかかってしまう人もいるんだそうです。
レーシックでの手術後は、角膜に傷がついてしまっている状態です…
完全に修復するまでは、細菌が入り込まないように十分気を付ける必要があります。

もちろん術後は感染症などに気をつけながら生活をしている人が殆んどだと思いますが、それでも傷口から細菌が入ってしまう事があります。
感染症を起こしてしまうと、眼球が『白く濁る』という症状が現れます。
感染症が軽度の場合、点眼薬で治る事もありますが、重度の場合……角膜移植、という事もありえるそうなので、十分気を付けてください。

ですが、術後に処方される点眼薬の時間をキチンと守って、指示通りに生活していれば感染症を起こす心配は低いと言えます。
眼に細菌が入らないように清潔にする事が大切です。
もちろん日常生活で予防出来る事なので、特に気を張る事もないと思います。

感染症は術後の生活の仕方でと思われるかもしれませんが、実は手術中が原因の場合もあります。
もちろん多くのクリニックは「クリーンルーム」という場所で手術をするので、心配する必要もないんですけど、手術が行われる場所の設備を把握しておくと安心です。
感染症を起こさない為にも、術後の検診とクリニック選びはとても大切です。