視力回復方法のPRKとレーシックは別モノ

レーシックと言う視力回復手術ですが、一般的にはレーザーを使った手術になります。
他にも「PRK」と言う視力回復でもレーザーを使いますが、レーシックで作るフラップ等は作らず矯正をします。

このPRKもレーザーを使う事から、レーシックと同じように扱われる事もあるそうですが、クリニックによっては別モノとしている所もあるそうです。
視力回復方法のPRKですが、これは角膜上皮も一緒にレーザー治療する方法と、角膜上皮を除去してレーザー治療する方法の2パターンあります。
どっちの方法で行うかは、手術を受ける患者さんと医師の判断になります。 
その後は、エキシマレーザーを使って角膜を削り、視力を回復させる為の矯正をします。

「レーシック」と言われている視力回復の場合はフラップを作りますが、PRKではコンタクトレンズを装着します。
角膜上皮が完全に再生されるまでコンタクトレンズを装着するので、だいたい4~1週間程度かかります。
このPRKですが、フラップを作る視力回復に比べると、視界が良くなると言われています。
昔の視力回復方法だと思われているPRKですが、エキシマレーザーが進歩した事もあり、治療の精度も高くなっているんですよ(*^_^*)