レーシックよりもイントラレーシックが選ばれる訳

視力回復の方法に、レーシックの手術方法がありますが、それよりも精度も安全性も高いと言われている「イントラレーシック」が一般的になっているそうです。
日本でレーシックによる手術が行われてから、視力回復の効果と安全性が評価され、イントラレーシックはそれよりも安全でより効果が期待できると言われています。
いまやレーシックで視力回復の手術を受ける多くの人たちが、イントラレーシックを選んでいるそうです。

さて、イントラレーシックとレーシックの違いですが『フラップ』と呼ばれる「フタ」の作り方にあります。
イントラレーシックは、高精度レーザーによってフラップを作るのに対し、レーシックはマイクロケラトームでフラップを作ります。

基本的なレーシックの視力回復方法は、角膜の形状の理由でフラップを上手く作る事が出来なかった人でも、イントラレーシックなら可能です。
また視力回復効果も高く、手術後に起こる「ドライアイ」の確率も低いので、イントラレーシックを選ぶ人が増えています。
もちろんコンピュータ制御されているレーザーで行いますので、精度も安全性も高い事も理由にあるでしょう。
レーシックの方も、安全性も高いですし、視力回復効果もあります。
どっちを選ぶかは、医師と相談して決めるといいですよ♪