残念ながら日本では認められていない視力回復手術の方法を知ってますか?

視力回復方法で、眼球内にレンズを挿入する治療法『ICL』という物があります。
これと同じような治療法で「フェイキックIOL」があります。

IOLの視力回復の方法は、残念な事に日本では許可が下りていません…
フェイキックIOLの方が皆さんにも認識されている治療法だと思います。
フェイキックIOLもIOLも同じように、レンズを挿入しますが、挿入する位置が違います。

フェイキックIOLは虹彩と角膜の間にレンズを挿入し、IOLは虹彩と水晶体の間に挿入して視力回復を図ります。
このレンズですが、折りたたんで入る素材になっています。
挿入口が小さくても大丈夫なようになっているんですよ(*^_^*)

もちろん傷口が小さくて済むので、縫合の必要もありません。
フェイキックIOLでの視力回復方法と違い、片目ずつ視力回復手術をする事もありません。

例えばICLで何か問題が起きたとしても、レンズを取り除けば元の状態に戻す事が出来ます。
レーシックでの視力回復手術後は、夜など見にくい事があったり、光が前よりも眩しく感じる事もあるそうですが、ICLではそのような症状はありません。
強度の近視の方でレーシックが受けられない人でも、ICLでの視力回復を受ける事が出来ます。
ICLもフェイキックIOLも、医師の技量がとても重要になってきます。
クリニックを選ぶ時は慎重に選ぶようにしましょう。