視力回復の手術で基本と言われている「レーシック」も一言では言い表せない!?

『視力回復手術=レーシック』と認識される程、最近はレーシックが浸透してきています。
もちろん視力回復手術にも色々な方法がありますし、レーシックと言ってもその種類も沢山あるんです。

『レーシック』と言われている視力回復の方法は、最も基本的な手術になります。
この方法は、角膜にエキシマレーザーを照射して視力回復を行う方法です。
レーザーを照射する事で屈折力を矯正するので、遠視や乱視にも対応しています。
レーシックの特徴は『フラップ』と言うフタを作る事です。
この事によって、今までのような視力回復の手術での危険性もなく、視力回復効果が高いので日本でもこの方法を取り入れている所が多いです。

レーシックはアメリカでは一般的に行われていたんですが、最近は日本でも浸透し始め、常に進化している視力回復方法です。
このレーシックでの視力回復手術ですが、基本的なものでは角膜の厚さが足りなかったり強度の近視の等は、フラップを作る事が出来ない時があります。
そのような場合は残念ながら手術を受ける事が出来ません。

レーシックの費用も少し前までは高額でした。
ですが最近は色々な手術方法が出来、基本的なレーシックの視力回復の手術費用は受けやすい値段になっているそうですよ。