レーザー治療が受けれない人でも受ける事の出来る視力回復方法はコレ

現在は、レーザーを使った視力回復手術が一般的になっていますよね?
ですが、レーザー治療に抵抗がある人やレーザー治療が受ける事の出来ない方などには『フェイキックIOL』という方法をおススメします。

このフェイキックIOLですが、実は「白内障」の手術を応用した視力回復手術なんです。
白内障の手術ですが、これは水晶体を取り除きます。
ですが、フェイキックIOLの視力回復手術では、人工のレンズを挿入する方法です。
フェイキックIOですが、レーシックを受けるには角膜の厚さが足りない方や、強度の近視の人に向いているんだそうです。

さて、眼に「人工のレンズ」を挿入すると言うと、一般的にコンタクトレンズと同じと思うでしょう。
ですが、コンタクトレンズと違って取り外したり交換する必要がありません。
もしも将来、人工レンズを挿入した事で何か問題が起きたとしても、そのレンズを取り除けば問題は解消されます。
安全面も高いんですね(*^_^*)

フェイキックIOLですが、感染症を防いだり視力安定のため、片目ずつ行います。
2週間ほど期間をあけてから、もう片方の目を手術するので、両方の眼の治療が終わるまでは視力のバランスに違和感があると思います(^_^;)
ですが、視力回復手術が終わるまでは、左右のバランスを保つためにコンタクトレンズを使うそうですよ。