視力回復方法の「ラセック」についてお話しましょう

視力回復の方法に「ラセック」という物がありますが、これはエピレーシックと同じ治療法です。
ですが、フラップを作成する時に使う物が違います。
エピレーシックは『エピケラトーム』という機械でフラップが作られますが、ラッセルは『アルコール』を使います。

ラッセルは、角膜をアルコールに浸します。
そして柔らかくなった角膜の上皮をめくってフラップを作ると言う視力回復方法です。
エピレーシックで使うエピケラトームですが、これは角膜に以上のある時の使用は危険なんです。
そのような人には、ラセックがおススメですよ(*^_^*)

さて、ラセックを使った視力回復の方法ですが、強度の近視の人や眼に刺激を受ける可能性がある人、角膜が薄い人等がこの方法を受けているそうですが、問題点も多いそうです。
その問題点ですが、ラセックはアルコールを使用します。
そのアルコールが、将来どのような影響を及ぼすのか...現段階では判明が出来ていない事です。
他にも、眩しさや術後の痛みなどの問題点もあります。
また、術後数日間は、眼を保護する為のコンタクトレンズを装着する必要があります。
レーシックに比べて眼が回復するのにも時間がかかってしまいます。(^^ゞ

レーシックを使用した視力回復方法に比べて、受ける人の制限だったり痛みがあります。
ですが、今まで視力回復の手術を受ける事が出来なかった人でも受ける事の出来る方法の一つです。